CONCEPT

構想

職人の技】と、【次世代に誇れる文化と考え方
を後世に継承していく事を目的とした
サスティナブル(持続可能)で普遍的な価値を創造し、
活動を通じて【精神的に豊かな時間】【日常に寄り添う、非日常
の提供をさせて頂ければと考えています。
貴方の思想を具現化できる職人がいたら限りない可能性が生まれ、
人生をより刺激的にシネマティックに彩ることで、
毎日がかけがえのないものとなるでしょう。
クリエイティブを毎日に、その瞬間を見逃すな。

ACTIVITIES

活動

あなたの目の前にある様々なモノや出来事は、
必ず誰かの思いや手によってクリエイトされています。
あなたの目の前にあるモノや出来事が、
あなたと共にまわりの人の人生を豊かにする映画の本編だとするならば、
私たちの提供する映像はその映画の予告編と例えることができるでしょう。
私たちが現実に出会い、ご縁を結んだ“その道を極める人”を撮影、
職人が本来の姿を見せるのは現場と私たちのカメラの前。
これはなぜか。
私たち自身が職人であり、信頼関係の上に強く結ばれているからです。

応援者による職人支援型

職人を大切にするということは、伝統や文化を守り継承していく事に繋がります。
japan artisan cinemas は撮影対象の職人からお金を頂くことはせず、
応援者の方々からの温かい支援金を活動費にしています。
応援者の方々につきましては、エンドロールや広告コマーシャルにて
大切にご紹介させて頂きます。

プロジェクト支援金の循環図

主役(職人)へ

japan artisan cinemas の活動は社会貢献そのものであり、
それは応援者の方々の提供によって成り立っています。

そのことを忘れずに、更なる活躍を期待します。
シーズンが終わっても、
私たちは永続的にあなたを応援し続けます。

この機会により、多くの方々とのご縁を結び、
発展していくことを心より願っております。

応援者の方々へ

私どもの活動にご賛同ご支援頂き、心より感謝いたします。

私たち現代職人は、
経済成長と共に生まれた大きな社会の渦に巻かれ、

量産型へとシフトしてきた向かい風と共に歩んできました。

伝統と革新を生み出すのは、いつの時代も職人です。

世の中がデジタル化へ向かっていますが、アナログを知り、

デジタル化へ進む“”を知っているのは
現代を生きる私たちだけの特権です。

現代を生きる私たちだからこそ出来ることを、
後世に残していきたいと考えます。

職人を応援することは、伝統と文化を守ること、

そして持続可能な社会への大きな貢献となります

日本の大切な美的感覚を教育の段階から伝えていけたら、

かっこいい職人の姿をこれからも子供たちへ伝えていけたら、

どんなに素晴らしいでしょうか。

様々なカテゴリーの職人、

それを取り巻く多くの人々、映像を見る人、それを伝える人、

継承される技術と思想、環境保全、革新、未来へ、
温かな応援が生む影響は計り知れません。

japan artisan cinemas は1年を通して、

ワクワク、驚き、感動、をお届けいたします。

シーズンに登場する職人は男女問わず、カテゴリーも様々、

中には世界中にファンを持つ方もいますので乞うご期待です。

その瞬間を、見逃すな。

japan artisan cinemas

ご支援はこちら

japan artisan cinemas では随時ご支援を募っております。
ご支援頂いた方には、短編コマーシャル、エンドロールへの名入れ、キャスト合同の限定イベントへのご招待、
限定商品の購入権、当社プロデュースのキャストとの協業やご紹介などのコンテンツをご用意しております。

ご支援頂く場合は、下記「利用規約」をご確認いただき「利用規約に同意する」をチェックしてください。

利用規約

この利用規約(以下、「本規約」といいます)は、合同会社japanartisancinemas(以下、「当社」といいます)がこのウェブサイト上で提供するサービス(以下、「本サービス」といいます)の利用条件を定めるものです。本サービスご利用されるお客様(以下、「ユーザー」といいます)は、本規約の内容に従って、本サービスを利用頂くものとします。

  • 第1条(適用)

    本規約は、当社及びすべてのユーザー間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。また、当社が本サイトに掲載の上、提供する内容は本規約の一部として構成されます。
  • 第2条(本規約への同意)

    ユーザーは、本規約の内容を理解し、これに同意の上、本サイトを利用するものとします。なお、本サイトを利用した場合、ユーザーは、本規約の内容を理解し、これに同意の上、本サイトを利用したとみなすものとします。
  • 第3条(支援金の取扱い)

    法人、個人問わず、本サービスに対する支援金の税務上の取り扱いについては、ユーザー各自でご確認頂けますようよろしくお願いします。ご支援頂いた方には、短編コマーシャル、エンドロールへの名入れ、キャスト合同の限定イベントへのご招待、限定商品の購入権、当社プロデュースのキャストとの協業やご紹介などのコンテンツをご用意しております。詳細は別途当社までお問い合わせください。
  • 第4条(知的財産権)

    ユーザーは、本サービスの本来の用途に従って、本サービスのユーザーとしての通常の方法によってのみ、コンテンツを利用することができるものとし、ユーザーは、いかなる方法でも当社の許諾を得ることなく、コンテンツの複製、譲渡、貸与、翻訳、改変、転載、公衆への送信(公衆への送信を可能とすることを含みます)、転送、配布、出版、営業のための使用等をしてはならないものとします。
  • 第5条(禁止事項)

    ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の行為を行わないものとします。
    (1) 本サービスの円滑な提供を妨げる行為又は妨げる恐れのある行為
    (2) 当社又は第三者の知的財産権若しくは他の権利・利益を侵害する行為又は侵害する恐れのある行為
    (3) 法令若しくは公序良俗に違反する行為又は違反する恐れのある行為
    (4) 犯罪行為に関連する行為
    (5) 本サービスによって得られた情報を商業的に利用する行為
    (6) 当社のサービスの運営を妨害する恐れのある行為
    (7) 不正な目的をもって本サービスを利用する行為
    (8) 当社又は第三者の名誉・信用を毀損する行為又は毀損する恐れのある行為
    (9) 当社又は第三者を誹謗、中傷する行為又は誹謗、中傷、攻撃、脅迫、扇動、罵倒する恐れのある行為
    (10) その他、当社が不適切と判断する行為
  • 第6条(本サービスの提供の停止等)

    1. 当社は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの全部または一部の提供を停止又は中断することがあります。
    (1) 本サービスに係るコンピュータシステムの保守点検又は更新を行う場合
    (2) コンピューター又は通信回線等が事故により停止した場合
    (3) 地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの提供が困難となった場合
    (4) その他、当社が本サービスの提供が困難と判断した場合
    2. 当社は、本サービスの提供の停止又は中断により、ユーザー又は第三者が被ったいかなる不利益または損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。
  • 第7条(利用制限および登録抹消)

    1. 当社は、以下の場合には、事前の通知なく、当該ユーザーに対して、本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し、またはユーザーとしての登録を抹消することができるものとします。
    (1) 本規約のいずれかの条項、又は関連法令に違反した場合
    (2) 登録事項等に虚偽の事実があることが判明した場合
    (3) その他、当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合
    2. 当社は、本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について、一切の責任を負いません。
  • 第8条(本規約の変更)

    1. 当社は以下の場合に、当社の裁量により、本規約を変更することができます。
    (1) 本規約の変更が、ユーザーの一般の利益に適合するとき
    (2) 本規約の変更が、契約した目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき
    2. 当社は前項による本規約の変更にあたり、変更後の本規約の効力発生日の1か月前までに利用規約を変更する旨及び変更後の利用規約の内容とその効力発生日を本サービスより掲示し、またはユーザーに電子メールで通知するものとします。
    3. 変更後の利用規約の効力発生日以降にユーザーが本サービスを利用したときは、ユーザーは、利用規約の変更に同意したものとみなします。
  • 第9条(規約違反があった場合の取り扱い

    1. 当社は、ユーザーが本サービスの不正利用など利用規約等の何らの条項に違反した場合、当社が別途定める違約金の請求、本サービスの使用差止め、当該規約違反の投稿の削除、サービスの利用停止(アカウント停止)、強制退会、損害賠償請求(合理的な弁護士費用を含む)等の措置を取ることができます。
    2. ユーザーによる不正使用を含む利用規約等の違反に関連し、生起する第三者との法的請求や責任については、当社は一切責任を負わず、利用規約等に違反したユーザーは、自己の責任においてこれを処理し、当社に一切の迷惑や損害を与えないことを保証します。
    3. ユーザーが利用規約等に違反した場合で当社が必要と判断したとき、当社は、該当するユーザーの連絡先その他、当社が当該ユーザーに関して有する情報を、当該違反に関連する第三者に開示できるものとします。
    4. 利用規約の違反等の報告が当社にあった場合、当社は、当該違反の是正について合理的な範囲での最善の措置を講ずるよう努め、当社の裁量で当社が行う対応を決定することができるものとします。
  • 第10条(保証の否認及び免責)

    1. 当社は、本サービスに事実上又は法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。
    2. 当社は、本サービスに起因してユーザーに生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。ただし、本サービスに関する当社とユーザーとの間の契約(本規約を含みます)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、この免責規定は適用されません。
    3. 前項ただし書に定める場合であっても、当社は、当社の過失(重過失を除きます)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(当社またはユーザーが損害発生につき予見し、または予見しえた場合を含みます)について一切の責任を負いません。
    4. 当社は、本サービスに関して、ユーザーと他のユーザー又は第三者との間において生じた取引、連絡又は紛争等について一切の責任を負いません。
  • 第11条(損害賠償)

    ユーザーは、本規約に違反することにより、または本サービスの利用に関連して当社に何らかの損害又は損失を与えた場合、当社に対し、当該損害及び損失を賠償しなければなりません。
  • 第12条(分離可能性)

    本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。
  • 第13条(準拠法および管轄裁判所)

    1. 本規約の解釈に当たっては、日本法を準拠法とします。
    2. 本サービスに関して紛争が生じた場合には、当社の所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。
令和2年11月1日制定

5口 / ¥500,000 を超えるご支援をご検討されている方、
銀行振り込みをご希望される方は、
下記フォームからご連絡ください。

    * お名前 * メールアドレス * ご支援予定口 備考欄

    ご連絡有難うございます。自動返信メール(確認メール)が送信されております。
    届いていない場合、メールアドレスの間違いまたは迷惑メールフォルダに入っている可能性がありますので、ご確認ください。
    ご連絡を確認後、改めてご連絡させていただきます。